ストーリー

​世界

遥か遠い時代の話 この国が二つに分かたれていた時の遠い昔話。

太陽の民と月の民が住まう一つの星 エクラ・エアルデ。

二つの民は互いを憎み、長きに渡り争いを続けていた。

そうして起こしてきた悲しみがいつしか様々な者の手によって 歴史 と呼ばれてきた。

​物語

太陽の国では、一人の少女が神として崇められていた。

少女の名はサクラ。

穢れから身を護る為に10年間、聖堂に投獄されて過ごす。

ある日、大臣の計らいで生まれて初めて外の世界に飛び出すことになる――

​太陽の民

太陽の民は陽気な者が多く、楽しい事が好きな一族。

集団意識が強く、人間を中心とした種族であり、独自の国家を築いている。

人間に対して友好的な種族、エルフ・ドワーフ・カルラ等と共存している。

 

・サクラ ・ラゼル ・サンジェルマン ・千景

月の民

自由を愛する奔放的で、闇に生きる一族。

太陽の民とは違い、仲間意識が薄く、国家などの組織は持たない。

魔族とも呼ばれ人間を襲う為、太陽の民に酷く憎まれている。

悪魔、ヴァンパイア等、人間の言葉を使う種族もいる。

 

・レオン ・イブキ ・カオス

​STORY

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now